Release: 2019/02/25 Update: 2019/02/25

16.暇つぶしでアート活動

皆さんは懸賞の応募をした経験はありますか?
その昔は、官製はがきにせっせと手書きで書かなければならず、お金だったバカになりませんでした。
ところがどうでしょう!今では懸賞サイトなるものがあり、お金もかからずPCやスマホで入力するだけで済んじゃうんですね。
それでも手書きよりは楽になったものの、必死に送り続けるにはムリがあります。
必死で応募するほど当選しないものですしね。
暇つぶし程度でやっている方が、忘れたころに福が来るで良いかも知れません。
懸賞の中には、コンテストというものもあります。
川柳、キャッチコピー、写真、料理のレシピ、体験談などなど、結構ほど良いタイミングで出て来ます。
懸賞もいいのですが、更にオススメなのはこのコンテスト系の応募です。
もしも電車通勤でしたら、是非とも挑戦してみてください。
電車の中は意外と集中できるように感じます。日本人は静かですから!
学生車両でさえなければ、周囲の皆さんは黙々とスマホをしていたり、本を読んだりしていることでしょう。
思いの外、一日の中で一番静かに過ごせるのは、通勤時の電車の中だったりして。
この時間を使って、アート活動に勤しんでみては如何でしょうか。
川柳などは普段の不満を作品にすることで、結構高い評価を得ている方も多いようですよ!
日常のフラストレーションを、作品に込めることで素晴らしい才能が芽を出すかも知れません。
毎日ただシンドイと思いながら乗っていた電車を、アート作品を作るアトリエに変えてみませんか?