Release: 2019/02/25 Update: 2019/02/25

6.マインド・マップもどきで思考整理

通勤時の電車内や待ち合わせ中のカフェなどで、ペンと紙があればできる暇つぶし。
しかも単なる暇つぶしとは思えない、質の高い整理ができちゃいます!
整理するのは頭の中にあるゴチャゴチャした思考。
普段頭だけで考えがちで、アウトプットが上手くできないと混乱の元になります。
改まってやろうとすると上手くできないもの。
暇つぶしのメモ書き程度の方が、柔軟に整理できちゃったりします。
正当なマインド・マップとはかけ離れていますが、簡単にいうと目標若しくは結果を先に書いて、そこから下方へその為にやるべきことを書いて行くというものです。漫画のような吹き出しを書きながら、下へ下へと繋いで行くイメージですね。
例えば「ダイエット」が目標とします。先ずこれを太枠で囲みます。
そこから線を派生させ、ダイエットするには?を書いて丸で囲みます。
例えば「運動」「食事」「定期計測」を派生させたとします。
更にそれぞれ、そのためにやるべきことを派生させて行きます。
「運動」からは2本線を派生さえ、毎日できること/時間がある時 としてそれぞれ丸で囲みます。
毎日できることから更に、家でストレッチ/出勤時・社内は階段 の2つを分岐派生させ丸で囲みます。
時間がある時から更に、 ジムへ通ってみる/ジョギングする の2つを分岐派生させ丸で囲みます。
細分化できなくなったらそこでストップです。同様に「食事」「定期計測」も書いて行きます。
これは良し悪しを決めるものでも、やらなければならないものでもありません。
思考を整理しながら文字を書くことによって、建設的な思考や行動を脳へインプットすることが重要なのです。
思考がスッキリすることによって、焦燥感などもなくなり気持ちに余裕ができます。
また目から鱗な発見も多々あったりします。