インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワークの導入

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

企業でのリモートワークの導入に当たっては準備しなければならないことがあります。
まずは社内の体制です。
リモートワークを導入することで一定の効果を期待しているのですから、それが見込めるような仕組みでなければ意味がないでしょう。
リモートワークはその名の通り、会社から離れたところで仕事をする形態です。
インターネットの普及によってネットワーク環境を自宅に構築して働く在宅勤務がテレワークと呼ばれているのです。
現代においてはリモートワークとテレワークが同義に扱われていることも少なくありませんが、リモートワークの導入ではインターネット環境が必須ではありません。
テレワークでは仕事の内容がパソコンを使った業務に限定されることになり、より広い仕事のあり方を考える上ではリモートワークが重要となるでしょう。
リモートワークの最大のメリットは生産性の向上です。
実際には通勤時間を節約することだけで生産性が向上するわけではなく、無駄な時間を省くことが実質的な生産性向上になるという考えです。
もちろん、都会では大きなメリットとなるでしょうが、地方ではあまり効果は期待できません。
リモートワークの強みは自分の生活に合わせた働き方ができる点でしょう。
家庭を持っていたり、子どもがいたりすると仕事に制約が出てきます。
その制約をリモートワークによって取り払うことができるでしょう。
リモートワークでは会社と働く場所の距離は関係ありません。
地方に住んでいても、能力があればどんな仕事でもできるでしょう。
もちろん、リモートワークは発注者と受注者という形態ではなく、同じ会社の社員です。
つまり、共通の目的を持って働いているのです。
現代においてはリモートワークにインターネットは必要不可欠です。
当然ながらパソコンの操作ができる人を対象とすることになるでしょう。
しかし、仕事自体をパソコンで行う必要はなく、打ち合わせの時や資料の送受信だけで利用するケースも少なくありません。
つまり、リモートワークによって社員が働く場所を限定する必要がなくなるのです。
東京の本社と地方の支店の関係と同じと思うかもしれませんが、一つの部署が東京と地方にあると考えるべきでしょう。

HOME


関連コンテンツ