インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワーク導入の効果

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

注目を集めているリモートワーク導入で大きな効果を期待している経営者は少なくありませんが、それが直接利益につながるとは限りません。
リモートワークとは離れた場所で仕事をする形態全般のことを指しており、通勤時間や移動時間などの業務の無駄を省くことで効率化を高めることが目的です。
つまり、仕事の効率は高くなりますが利益が増えるわけではないからです。
リモートワークを導入している会社は社員にとっては働きやすい会社ですから、モチベーションが高くなると期待できます。
それによって品質の高い商品を作り出すことができるでしょう。
仕事の質は社員の給料の額に比例しているわけではなく、社員のモチベーションに大きく関係しています。
働きやすい職場を提供すれば、それが社員のモチベーションを高めてくれるでしょう。
ただ、リモートワークを導入するだけですぐに効果が出るわけではありません。
まずは導入のための意識改革が必要です。
リモートワークでは意思の疎通を図るための手段が限られてしまいます。
テレビ会議などで直接話をしているとしても、間近にいる場合とは明らかに違うはずです。
その意識のずれが社員同士のコミュニケーションをおろそかにしてしまうでしょう。
メールを送れば、それで報連相が住むと考える若者も出てきます。
どのような形態をとったとしても同じ会社で働く人は人間であり、お互いの信頼が泣けれれば仕事はスムーズに進みません。
そのことをリモートワーク導入後に気づく経営者も少なくないのが現実です。
リモートワークのためのアプリや仕組みはたくさん販売されており、費用も決して高くありません。
導入のためのハードルは低くなっていると言えるでしょう。
しかし、効果を高めるための仕組みづくりをしっかりと考えておかなければ、生産性の低下を招くことになります。
上長の見えないところにいるわけですから、何をしてもかまわないと考える社員も出てきます。
成果を出せばいいのだと割り切ってしまうと、自分の技術力を高めようという気持ちがなくなります。
与えられた仕事を確実にこなすだけでは会社の成長は見込めないでしょう。
会社と社員が協力して成長していくことが重要です。
そのためにリモートワーク導入には配慮が必要となります。

HOME


関連コンテンツ