インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワーク導入の目的

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

リモートワークの導入で重要なことは、企業内での制度を活用するための仕組みづくりです。
リモートワークのためのネットワークやパソコンを導入するだけで終わるケースも少なくありません。
確かに都心部では毎日の出勤時間を省くことが社員の負担を軽減することにつながりますから、効率アップと見ることはできるでしょう。
しかし、本来のリモートワークは時間に縛られずに柔軟な働き方を提供することで、作業効率アップを図らなければなりません。
具体的には家庭内で子どもの世話をしている人が、自分の都合に合わせた時間に所定の作業を行うことなどがあげられます。
リモートワークを導入することで、社員とのコミュニケーションが取りにくくなると懸念している経営者もいますが、現代はリモートワークのための様々なアプリが提供されており、簡単にテレビ会議システムを構築することができます。
ただ、個々の事案についての進捗管理を確実に行うことが重要となり、リーダーの役割がポイントになるでしょう。
社員のモチベーションを高めることも重要な課題です。
システムだけができても働く人の意識が変わらなければならないからです。
多くの場所でインターネットが活用できる時代となりましたから、リモートワークのハードルが低くなっていることは事実です。
しかし、それだけで安易に導入することは避けるべきでしょう。
リモートワークによって何を実現するのかを明確にすることが大切です。
リモートワークで働く社員も意識を変えなければなりません。
出社しておけば、働いていることになると考えている人にとっては、一定の成果を出さなければ仕事をしていないとみなされるのですから、緊張感を持ってパソコンに向かう必要があります。
パソコンを操作している時間がすべて仕事ではなく、成果が仕事の量とみなされます。
生活の一部に仕事が入ってくると心配する人もいるでしょう。
リモートワークのためのパソコンで深夜まで仕事をすることは可能です。
しかし、自分の能力を超えた作業量を与えられても、処理することはできません。
効率化を目指していても、作業量が増えてしまう人も出てきます。
会社がリモートワーク導入の目的と成果を明確にすることが大切です。

HOME


関連コンテンツ