インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワークと働き方

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

リモートワーク導入によって、働き方はどのように変わるでしょうか。
会社に通勤せずに別の場所で働くことをリモートワークと表現していますが、その多くはインターネットを活用したテレワークが基本となっています。
テレワークでは会社でパソコンを操作するのと同じ状況を外出先や自宅でできるようにしなければなりません。
もちろん、インターネットが整備されている場所であれば、簡単にシステムを構築することができるでしょう。
ここで重要なのはどのような働き方をするかと言う点です。
仕事の内容が変わるのではなく、時間と場所に縛られない働き方になることだけです。
この視点からリモートワークを考えると、パソコンで行う作業を個人ごとに割り当て、その進捗管理をリーダーが行うという形態になるでしょう。
もちろん、社員間のコミュニケーションを密にするためのテレビ会議なども専用アプリを使って行うことになります。
スマートフォンやチャットに慣れている人にとってはテレワークの導入を歓迎する人が少なくありません。
ただ、私生活と仕事の区別がつきにくくなるデメリットがあります。
自分の中で意識して切り替える必要があるでしょう。
自宅にいることで作業効率の低下も懸念されます。
共同で仕事をしている時にはモチベーションが高くなりますが、一人で黙々と仕事をするのが苦手な人は仕事がはかどらない傾向にあるでしょう。
一人一人に対するケアも重要な課題です。
リモートワークを導入する場合でも定期的に会社に出勤してお互いの意識合わせが必要となります。
すべてをリモートワークにすることが理想的ですが、そのためにはコミュニケーションが前提となります。
これまでの働き方が大きく変わるわけではなく、仕事をしている場所が変わるだけだと考えなければなりません。
自分がやるべきことを明確に意識して効率よく作業を行うのです。
全体の流れを俯瞰して、状況によってはリーダーに相談しなければなりません。
仕事の手順などはインターネットを通して指導してもらうことが可能ですが、それ以外のメンタルケアなどは非常に難しいと考えるべきでしょう。
時代はリモートワーク導入に積極的に移行していますが、仕事をしているのは人であることを忘れてはいけません。

HOME


関連コンテンツ