インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワーク導入と生産性

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

リモートワークが注目されているのは新型コロナウイルスの影響も大きいと見られています。
出勤しないこと、社員同士が密接接触者にならない対策としては有効だからです。
ただ、リモートワークをコロナウイルス対策だけにとどめてしまうのは非常にもったいないことです。
リモートワークの導入によって生産性を向上させることができます。
ただ、短期間で生産性向上の効果を期待するのは難しいでしょう。
つまり、多くの人はリモートワークを活用した働き方に慣れていないため、デメリットの方が強くなるからです。
そのためリモートワークシステムを導入したとしても、期待外れとして止めてしまう企業が少なくありません。
重要なことはリモートワークを前提とした働き方とはどのような方法なのかをしっかりと考えることです。
もちろん、会社によってその答えは違います。
正解があるわけではないですから、自分たちの仕事のやり方に適したリモートワークを見つけるようにしなければなりません。
リモートワークで生産性を高めるとはどのような意味でしょうか。
また、リモートワークではない職場での生産性とは何でしょうか。
自分たちの仕事の効率を上げることで何が変わるのかを考えなければなりません。
コロナウイルス対策のためのリモートワークでは生産性の効率化ではなく、感染の危険性を抑制することが主眼です。
そのため、生産性が低下しても仕方ないという視点で実施されているのが現状でしょう。
数人の人がパソコンを使って仕事をする場合、その生産性をどのように評価するかが重要なポイントであり、それは近くにいても遠くにいても変わらないと考えるべきでしょう。
つまり、リモートワークによって変わることと変わらないことを区分けしなければなりません。
また、仕事をする上で何が重要なポイントになるかを考えることが重要です。
会社はパソコンや機械だけで動いているのではなく、それを使う人と人がうまく周らなければなりません。
その潤滑油となるのがコミュニケーションです。
物理的な距離ではなく、心理的な距離が適度であればコミュニケーションは良好と言えます。
相談したい時、支持を仰ぎたい時に声をかけられる状況が重要となってきます。

HOME


関連コンテンツ