インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワークと在宅ワーク

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

リモートワークと在宅ワークを混同している人も多いのですが、実際には別の視点に立った言葉です。
在宅ワークは自宅で仕事をすることであり、リモートワークは会社と同じ環境をネットワークの利用で作り上げた状態です。
つまり、在宅ワークはリモートワークの一つの形態と言えるでしょう。
理想的に言えば、世界中のどこにいてもオフィスと同じレベルの仕事ができる環境ですが、それは簡単ではありませんから、手始めの導入として在宅ワークに取り組む企業が多いのです。
在宅ワークは場所を移しただけですが、仕事に必要な資料などはネットワークを経由して参照することになりますから、パソコンや高速のネットワークが必要となります。
もちろん、ペーパーを利用して作業をすることも可能ですが、レスポンスには時間がかかってしまいます。
リアルタイムに仕事を進めるためにはネットワークは必須と考えるべきでしょう。
在宅ワークのメリットは通勤の時間を省くことができる点です。
都心部では通勤時間がかかるため、従業員から見ると非常に働きやすい環境と言えます。
ただ、自宅ですから、子どもや家族がいると仕事の邪魔になる場合もあります。
在宅ワークでは仕事の内容にも関係しますが、自分ができる時間を有効に活用して仕事を進めることも可能です。
つまり、就業時間の実質的な撤廃と言えます。
もちろん、いつでも会社との連絡の手段を確保しておくことが求められます。
多くの企業では在宅ワークを希望する人が申請して、その制度を活用する仕組みを導入しています。
多くの人が活用していると思うかもしれませんが、実際にはあまり活用されないのが実情です。
その理由は在宅ワークをする社員と出社している社員との間に溝ができてしまうからです。
もちろん、コミュニケーションを密にすることは大切ですが、距離が離れている分だけ意思の疎通が難しくなるのです。
これから導入を検討している企業では、どのような形態がベストなのかを考えることが大切ですが、その答えがすぐに出るわけではありません。
つまり、一定の施行期間を経て、少しずつ改善していくと考えなければなりません。
最終的にリモートワークに移行することを決めているのであれば、積極的な動きが求められます。

HOME


関連コンテンツ