インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

都市部でのリモートワーク導入

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

リモートワークは都市部での導入が多いと考えている人が多いのですが、実際には日本中どこでも同じ状況です。
もちろん、同じリモートワークでも目的が少し違ってきます。
都市部では通勤にかかる時間と体力的な負担が大きいため、それがなくなるだけでも非常に働きやすいと感じられます。
通勤時間は仕事をしていないのですから、単純に考えても生産性向上となります。
ただ、リモートワークの最終目的は通勤時間の削減だけではありません。
遠くにいても通常の会社と同じような仕事のやり方ができなければなりません。
もちろん、物理的な距離は無視できませんから、すべてが同じになるわけではありません。
メリットとデメリットを見極めることが重要でしょう。
それから地方でのリモートワークの場合は物理的な距離が離れていても優秀な人材を確保するために導入されるケースが少なくありません。
これまで住んでいるところから離れたくないと考える人は少なくありません。
仕事はインターネットを活用していろいろなことができますから、距離を考慮する必要はないのでしょう。
都市部では通勤時間でのラッシュアワーが当たり前と思われていますが、リモートワークの広がりによって、状況が変わると期待されます。
しかし、インターネットを接続しただけではリモートワークを軌道に乗せることは難しいため、何が問題なのかを考えて改善していくことを意識しなければなりません。
リモートワークの導入によって問題が出てきたのか、それ以前に合った問題なのかを区分けすることができれば、リモートワークのメリットデメリットが見えてきます。
多くの企業では複数の問題を混同してしまうケースも多く、リモートワークを中止するところも少なくありません。
その一方で、リモートワークのためのアプリがたくさん販売されており、すぐに職場環境を改善できると宣伝されています。
しかし、アプリを導入するだけで働き方を変えることができると考えるべきではないでしょう。
人と人とのコミュニケーションの手段をうまく活用できなければ、いずれは行き詰まってしまうでしょう。
仕事はパソコンでやるのではありません。
パソコンは単なる道具であり、人と人とが協力して仕事をすすめているのです。

HOME


関連コンテンツ