インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワーク導入の費用

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

リモートワークを導入したいと考えている企業ではその費用が気になるところでしょう。
実際にリモートワークを導入するのは大企業ではなく中小企業がほとんどであり、費用対効果を見極めたいと考えるからです。
もちろん、導入するためには専用のソフトが必要ですが、その費用は意外と低価格です。
また、無償版も提供されていますから、試しに使ってみることもできるでしょう。
注意しておかなければならないのはリモートワークのためのソフトウェアのほとんどはプロジェクト管理とテレビ会議システムなどを組み合わせただけの機能です。
プロジェクト管理だけであれば、リモートワークを行う意味はありませんが、過剰な期待をしている人はプロジェクト管理がリモートワークの前提だと思ってしまうのです
プロジェクト管理とは仕事を細分化して、その進捗を細かく管理する手法です。
リモートワークの導入により、お互いの顔が見えない状況での進捗管理は細かくすることが求められます。
そのためにプロジェクト管理が重要となるのです。
しかし、デスクワークをメインとしてきた企業ではプロジェクト管理の意味を理解していない社員も少なくありません。
このような状況のままリモートワークを導入しても収拾がつかなくなるだけでしょう。
つまり、リモートワークのためのソフトウェアを導入するだけではほとんど効果は得られないということです。
効果を発揮させるためには社員の仕事に対する考え方を変えなければなりません。
それは働き方を変えたり空き時間を有効活用したりして生産性を向上させることとは違います。
離れた場所でも進捗管理を細かく実施して、社員同士のコミュニケーションが確実に行えるようにすることが重要なのです。
テレビ会議などでコミュニケーションを取ることは簡単なようですが、仕事においては難しいと考える人が少なくありません。
言葉にならない微妙なニュアンスはチャットやテレビ会議で伝わらないからです。
費用をかけたとしてもこの状況を改善することはできませんから、社員一人一人がそれぞれの立場で改善する努力が求められます。
つまり、リモートワークを導入しても簡単に効果を上げることはできないのです。

HOME


関連コンテンツ