インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワークとコミュニケーション

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

リモートワーク導入で重要となるのは社員同士のコミュニケーションの確保です。
もちろん、メールやチャットによって情報のやり取りはできますが、それはコミュニケーションとは違うということに気づかなければなりません。
理想的なコミュニケーションとは言葉を発しなくても顔を見ただけでお互いが理解できる状況ですが、リモートワークの導入によって顔を見ることが難しくなります。
テレビ会議という手段はありますが、それでは不十分だと感じてしまうでしょう。
リモートワーク導入で業務をスムーズに進めることができた企業は、どのような点に注意しているのでしょうか。
それはネットワーク上でも通常の会社と同じような雰囲気を作り出すことです。
ちょっとした疑問や相談事を誰かに伝えたい時に、人がどこにいるのかを見えるかする手法が注目されています。
もちろん、物理的に近い距離にいるわけではありませんが、パソコンの画面上で相手がどのような状態なのかを確認することができます。
在席中や離席中のアイコンがあれば、チャットで声掛けをできるかどうか判断できます。
火葬的なオフィスを作り上げているのです。
業種によってリモートワークをしやすい場合と難しい場合がありますから、すべての企業で同じ方法での導入はできません。
自分たちが働きやすいリモートワークを作り上げることが重要です。
コミュニケーションを重要視しなければならないのは、仕事は一人でやるのではなくグループを基本としていることを意識することです。
協力してもらうためには自分が置かれている状況、抱えている問題を相手に伝えることです。
簡単なようですが意外と難しいために、コミュニケーションがうまく行かなくなるのです。
多くの人が働く職場であれば、その影響は大きくなります。
インターネットやスマートフォンに慣れている世代であれば、リモートワークによる働き方のハードルは低いと考えられますが、中高年になると違和感を持つ人が大半です。
管理職レベルがリモートワーク導入に対応できなければ、会社はうまく周らないでしょう。
日常生活の中に仕事を持ち込むのではなく、働く場所を限定しないことがリモートワークの基本的な考え方です。

HOME


関連コンテンツ