インターネット上の様々な動画と最新のインターネットビジネスについてご紹介していきます。

リモートワークとテレワーク

Release: 2020/04/24 Update: 2020/05/08

リモートワークとテレワークは厳密には違う考え方ですが、現在ではいろいろなところで混同されていますから、無理に違いを指摘する必要はないでしょう。
ただ、インターネット環境がなくてもリモートワークはできることだけは強調しておきましょう。
もちろん、インターネットなら情報伝達やレスポンスのスピードが速いですから、仕事の効率も高まると期待できます。
しかし、情報伝達のスピードが遅くてもリモートワークはできるのです。
注意しておかなければならないのは、リモートワークに適している業務があり、どのような仕事でも導入する効果があるわけではありません。
一つはレスポンスがなければ作業が停滞してしまう業務の場合、インターネットがなければすぐに作業が止まることになります。
誰かに指示を仰ぐとか、相談して決めなければならない作業はインターネットによるテレワークが必須と言えます。
それに対して、一つの指示をすれば、後は自分だけで作業をすすめられる場合、毎日の連絡は必要ありません。
もちろん、会社から離れて仕事をしている社員の状況把握をすることは企業として重要なことですから、どこまでを担当者に任せるかは難しい問題でしょう。
うまく行く場合はいいのですが、トラブルが発生するケースも少なくありません。
社員を大切にするためには、意思の疎通を適切に保つことが求められます。
現代はインターネットの普及によって、パソコンを使ったテレワークが普通ですから、無理にインターネットを使わない状況を作る必要はありません。
インターネットを利用することで、テレワーク導入がスムーズになりますから、その効果を確認しやすくなるでしょう。
通勤時間を省くことだけがテレワークやリモートワークの目的ではなく、それ以外の部分での活用方法を検討することが重要となります。
もちろん、企業の業務内容によって、どのような方法が導入効果を高めるのかは違いますから、短期間での効果を期待するのではなく長期的な視点で評価しなければなりません。
過去にテレワークを導入した企業では効果が出ないとして、中止しているケースも少なくありません。
仕事の進め方を変えてみることが成功のカギとなることでしょう。

HOME


関連コンテンツ